MENU

吹き出物は顔だけにできるものではない!

吹き出物治すんジャー!レッド

吹き出物、というとTゾーンやおでこ、あごにできるイメージがある人が多いんじゃないかな?

 

でも、実は背中やデコルテ、そしてなんと恥ずかしいことにお尻にもできてしまう・・・!

 

しかも意外と治りにくいんだ。
そんな体にできてしまう吹き出物について説明しよう!

どうして背中にできるの?

吹き出物治すんジャー!ピンク

背中は、実は皮脂量が多い場所の一つ。

 

デコルテ、ワキ、お腹なども皮脂量は多く、これらをまとめて体のTゾーンとも呼ばれているのよ。

 

Tゾーンと聞くと、皮脂多め、しっかり皮脂を落とさなきゃ!って思いがちよね。

 

顔のニキビはアクネ菌によって悪化することが多いですが、背中の場合はマラセチア真菌の増殖のせい。

 

また、シャンプーヤリンスなどのすすぎ残しも原因になるわ。

 

髪の毛をしっかりすすいだつもりでも、残りが背中に付いたままだと毛穴が詰まってしまうのよ。

 

肌にシャンプーやリンスが残らないように体と顔を洗うのは最後にしましょう。

背中の吹き出物、どうしたらいい?

背中に吹き出物ができる場合は、すすぎ残しを防ぐため、先に髪を洗ってから体を洗うように順番を変えるといいわ。

 

そしてなるべく、ボディーソープではなく刺激の少ない石鹸を使うのも効果アリ。

 

一度背中に吹き出物ができてしまうと、薬は塗りにくいし、服に擦れて刺激を与えがちなので長引きやすいの。

 

治るまでずっと痛い思いをしていなきゃいけないのも、辛いわよね。

 

安全に、より効果的に吹き出物をなくすには、薬だけではなくサプリを飲んで体の中から手を打つのがおすすめよ。

どうしてお尻にできるの?

お尻は特に皮脂量が多い場所ではないので、吹き出物が出にくいはず、よね。

 

それでも吹き出物ができてしまうのは、摩擦のせい。

 

ショーツやガードルなどでお尻の皮膚に刺激を与えてしまったり、長時間座っての仕事でお尻の皮膚に負担をかけていることが原因なの。

 

そういえば、吹き出物治すんジャー イエローもよく「お尻に吹き出物ができて辛い・・・!」とぼやいているわ。

 

女性だけではなく長時間デスクワークをしている男性も悩んでいる人は多いのね。

 

なぜ摩擦のせいで吹き出物ができるかというと、摩擦がおきると肌は防御反応を起こして角質層を厚くしていくの。

 

それが毛穴を出口をふさぎ易くしてしまって、さらに皮脂や垢、汗がたまって吹き出物となってしまうのよ。

 

服の中はただでさえ蒸れやすく、しかも下着はより通気性があまりよくないのも、毛穴を詰まらせる原因になるのね。

お尻の吹き出物、どうしたらいい?

女性の下着はぴったりしたものがほとんど。

 

またガードルを着用していれば、より密着しちゃうわ。

 

スキニーパンツなどをはいているとさらに密着度も増すし、おまけに通気性も全然よくないの。

 

せめて家にいるときは通気の良い素材の服でリラックスしましょ。

 

もちろん毎日清潔にすることも大事だけど、お風呂上りにはボディクリームなどで保湿を忘れずに。

 

背中と違い皮脂量が少なく乾燥しやすい上、椅子に座ったり下着の上げ下ろしで摩擦も多い場所なんです。

 

しかも座るとすごく痛かったり・・・。

 

できるだけ早く治したいけど、背中と同じように薬は塗りにくいし、通気も悪いし、刺激も与えやすいしとやっぱり治りにくい場所。

 

外側からのケアだけじゃなくて、睡眠や食事なども見直してお肌をいたわりましょう。