MENU

その生活習慣が吹き出物を招く!

吹き出物治すんジャー!レッド

知らず知らずのうちにやっているであろう生活習慣。

 

その中にも、吹き出物の原因が潜んでいるかもしれないぞ!

 

そんなNGな生活習慣について、簡単にまとめてみたんだ。

 

ついつい、やっている事がないかチェックして、当てはまるものはどんどん改善するべし!

偏食がちな生活習慣が吹き出物を招く

吹き出物治すんジャー!レッド

例えば朝食を抜いていたり、魚や野菜をあまり食べる機会がない、など栄養バランスが偏っていると、吹き出物ができやすくなるんだ。

 

ダイエットからくる便秘も吹き出物の原因になるので、まずは栄養のバランスを整えることが大切だぞ。

 

インスタント食品に頼らないでなるべく自炊する、三食きちんと食べるといった食事の基本から立て直すのだ。

 

とはいえ残業が続いたりすれば、どうしても自炊する気力もわかないというもの。

 

そんな時は体内環境を整えるという意味でも、吹き出物対策のサプリをがおすすめだ!

 

食事が乱れがちな時は・・・「きらりのおめぐ実」

きらりのおめぐ実

きらりのおめぐ実

腸内環境も悪くなったり、栄養が足りなかったりしがちな時もサプリなら体をいたわってくれるわ。

体内の不要物を排出して、お肌にうれしいビタミンや抗酸化力の高い栄養をしっかり補給!
疲れていても吹き出物知らずのお肌に。

 

おやつやお酒、タバコなどの嗜好品にも注意

吹き出物とチョコは相性×

ダイエット中のおやつにナッツやビターのチョコレートを取り入れる人もいるのではないかな?

 

ナッツも高カカオのチョコレートも、美容にいい、ダイエットにいいと言われているんだが、吹き出物に関して言うなら要注意フード!

 

これが生活習慣化してしまうと糖質や脂質の摂取が多く、吹き出物ができやすい肌に近づいてしまうんだ!

 

それから飲酒、喫煙も吹き出物の原因だ。

 

お酒を飲んでしまうとどうしても塩分や脂質の多いおつまみを食べ過ぎたり、偏った食事でビタミン不足になってしまう。

 

吹き出物とタバコは相性×

タバコを吸うことでビタミンCも大量に消費していまうし、代謝や皮膚の生理的機能が落ちることが考えられるんだ。

 

特にタバコは肌にはいいことが何もないぞ!

 

とはいってもすぐにやめられないのがタバコ。

 

どうしてもやめられない、という人は食べる量、飲む量をセーブすることで肌の調子をキープしよう!

睡眠不足は吹き出物を作る!

吹き出物と寝不足は相性×

帰宅時間が遅く夕飯がいつも22時を回っていたり、睡眠時間が7時間未満など、睡眠不足を感じている人、多いのではないか?

 

睡眠不足はホルモンの乱れや免疫力低下を引き起こしてしまうので、なるべく睡眠時間はしっかり確保するべし!

 

場合によっては正しい食事よりも睡眠の方が肌にも体にも大事なんだ。

 

仕事で疲れてしまってお風呂に浸からずシャワーだけ、洗顔せずに寝てしまう、というのもアウトだ!

 

皮脂汚れやメイクをしっかり落とさず寝ると、吹き出物が出来る可能性もぐっと上がってしまう。

 

そしてストレス解消のためにも睡眠不足解消のためにも、メイクを落としたらゆっくり湯船に浸かる習慣をつけましょう。

 

ただ、どんなに気を付けていたって、仕事で遅くなることはどうにもならない。

 

睡眠不足が続くこともあるだろう。

 

そういった日が続く時には、体をいたわる為にもサプリを摂っておくといいだろう。

 

食事が乱れがちな時は・・・「ツルリBB」

ツルリBB

ツルリBBなら

肌荒れに有効なハトムギエキスに潤い成分のコラーゲン・ヒアルロン酸を配合しているツルリBB。

マルチビタミンが配合で足りない栄養をしっかり補ってくれるサプリよ。
おなかの調子も整えて、体の内側からキレイにしてくれるのよ。
定期便を利用したら初回はなんと500円ととってもお得!

吹き出物についつい触ってしまってないかな?

頬杖が吹き出物の原因かも

仕事をしながら、電話をしながらなど、無意識のうちに吹き出物を触るクセがないかな?

 

手や指にはいつも雑菌がいっぱいあるんだ。

 

その雑菌が毛穴に入り込んでしまって吹き出物が悪化することもあるんだぞ。

 

触りグセがなくても髪の毛が顔周りに触れていたり、リキッドファンデやコンシーラー、汚れたパフなどでメイクをするのもNG。

 

髪の毛はなるべく束ねて顔にかからないようにし、メイク道具は交換したりしっかり洗って清潔に保つべし!

 

吹き出物のためにも紫外線対策は万全に!

また、紫外線対策も万全に!

 

紫外線は皮脂の分泌を引き起こす原因になるんだ。

 

このイラストほど徹底する必要はないが、避けるに越したことはない!
シミやシワ防止といった美容のためにも、日傘や日焼け止めの使用を生活習慣の中に取り入れよう!