MENU

必需品なのに・・・!

吹き出物治すんジャー!レッド

花粉症や風邪、感染症の予防などに欠かせないマスク。

 

最近ではすっぴんを隠したり、
吹き出物を隠すために使っている女性も多いだろう。

 

でもそのマスク、吹き出物が悪化する原因にもなってしまうんだぞ!

どうしてマスクが吹き出物に良くない?

吹き出物治すんジャー!グリーン

マスクを付けていると、自分の息でマスクの中が蒸れてきますよね。

 

湿度や温度が高いところは、雑菌の増殖しやすい場所。

 

蒸れることで汗や皮脂もたくさん分泌されてしまうから、より吹き出物が出やすい環境になってしまうんですぞ。

 

マスクとの摩擦で起きる肌への刺激や、メイク汚れが付いたままマスクをしていることも、より雑菌が繁殖してしまう原因になるんであります。

マスクは悪、ではない!

吹き出物なのにマスクが手放せない人

とはいえ、マスクには肌を守ってくれる役目だってありますぞ。

 

汚れた空気や花粉、細菌、紫外線、乾燥といった刺激から肌や体内をバリアするために、マスクは手軽で身近なもの。

 

何より、週末は肌を休めたいからノーメイク、という女性にとって、ちょっと近所へ買い出しといった時にもマスクは大活躍なんであります。

 

吹き出物のためにマスクやめる!とはいかない人も多いですよね。

マスクの使い方をチェック!

マスクを正しく選んで上手に使いましょう。

 

一番のオススメは、清潔なマスクを1日2回、交換して使うこと、これ大事ですぞ。

 

雑菌が繁殖する前に交換して使えば、より清潔に保てるんであります。

 

また、交換したとしても、時々マスクをはずしてマスクの中の空気を入れ替えてあげましょう。

マスクの選び方をチェック!

吹き出物にはガーゼのマスク

そして、不織布よりガーゼのマスクがよりオススメ。

 

そのほうが、肌当たりがいいので刺激も少なく済むんであります。

 

肌触りのいいガーゼや保湿タイプのティッシュを挟んでおくのもいいですぞ。

 

ガーゼタイプのマスクをいくつか買って、洗濯しながら使えば衛生的ですし、環境にもやさしい!

 

材質だけではなく、マスクは大きさにも注意が必要です。

 

吹き出物が当たらないような大き目のものを選んだりして、刺激はなるべく与えないようにしましょう。

要注意のマスクとは?それでも使いたい場合は?

女性向けに売られていて人気の高いアロママスク、お気に入りって人もいるのでは?

 

実はアロママスクの香りのもと、香料がが刺激になる場合があるんですぞ。

 

低刺激なコスメには「人工香料は使用してません」とかって宣伝文句ありますよね?

 

つまり人工香料は刺激になりやすい物質だということなんであります。

 

マスク自体もかわいいし気分もアガるので、つい選んでしまいがちですが、ここは特に注意が必要。

 

最後に、職業柄どうしてもマスクを使い続けなければならない人もいるでしょう。

 

そのためにも吹き出物が出にくい、または治りやすい体質作りも欠かせません。

 

マスクをしていると薬なども塗りにくいので、サプリなどで体を整えるといいですね。

 

何より吹き出物は、体内からのケアが大切なんですぞ。

 

マスクで治しにくい吹き出物に「きらりのおめぐ実」

きらりのおめぐ実

きらりのおめぐ実

腸内環境を整え、体の不要物をシャットアウトし内側からきれいにしてくれるきらりのおめぐ実。

ビタミンだけではなく吹き出物の悪化や老化のもとになる活性酸素に有効な成分がたっぷり配合されているので、
吹き出物知らずのお肌に導いてくれるわ。